運営者情報

運営基本方針

不動産サブリース契約の欠陥を浮き彫りにし、あるべき「衡平」の見地に照らした賃貸人の保護規定の提案を行ってまいります。

センター運営母体および実績

サブリース問題解決センターは、NPO法人 日本住宅性能検査協会が運営母体となっています。

NPO法人 日本住宅性能検査協会は、2004年4月、建築を巡る紛争予防および解決を目的として設立した第三者機関です。主に建築検査・調査等のトラブルを取り扱っていますが、サブリース契約に関する相談も入り、日本住宅性能検査協会の理事長である大谷昭二がトラブル対応を行っていました。

そういった中、2011年、突如サブリースオーナーからの賃料減額に関する相談が100件以上寄せられるという事態が発生し、不動産取引紛争処理を行なう機関として、2014年に一般社団法人 日本不動産仲裁機構を立ち上げました。その結果、2016年末までに日本住宅性能検査協会および日本不動産仲裁機構が受けた相談件数は494件にも及ぶことになりました。

不動産業界の流れとして、サブリースを軸とした商品が急増していますが、同時にサブリース契約のトラブルも増えることが予想され、サブリース問題を専門に扱う部門の必要性を感じた大谷は、2017年2月、日本住宅性能検査協会の中に、サブリース問題解決センターを設立しました。同年末まで、10ヵ月間に受けた相談は62件に及びます(無料相談含む)。

当センター設立経緯に関する詳細および関連記事はこちら

日本住宅性能検査協会「不動産紛争解決案内」リーフレット配布先市区町村(リーフレットはこちら

  • 東京都中央区都市整備部 建築課
  • 東京都中央区都市整備部 都市計画課
  • 東京都千代田区環境まちづくり部 環境まちづくり総務課 建築紛争調整担当
  • 東京都千代田区建築指導課
  • 東京都板橋区板橋区役所 区民相談室(板橋区情報処理センター4階)
  • 練馬区役所建築課耐震総合窓口
  • 練馬区役所建築課監察係
  • 練馬区役所建築課中高層建築物の紛争調整(ワンルームの相談)
  • 練馬区役所建築課建築審査課