満員御礼【2017年12月 月例会のお知らせ】相続対策ブームとサブリース会社の新たなビジネスモデル/オーナー会振り返り/トラブル解決事例紹介

2017年12月の月例会は、満員となりました。たくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました。

次回は2018年1月26日(金)を予定しております。詳細が決まり次第、当ホームページにてご案内させていただきます。

 今月のテーマは次の3つです

  • 宅地建物取引士、家族信託コーディネーター、そしてサブリースオーナー会副会長の岡田 文徳氏による「相続対策ブームとサブリース会社の新たなビジネスモデル
  • センター長 大谷昭二が発起人となって開催した、直近サブリースオーナー会の振り返り
  • 当センターが解決したサブリーストラブル1事例の紹介

「相続対策ブームとサブリース会社の新たなビジネスモデル」

「相続対策」で不動産運用される方々は今後も増えると考えられますが、「相続対策」の中にも、次のような分野の対策があります。

  • 相続税対策
  • 分割対策
  • 納税資金対策
  • 認知症対策
  • 継承者対策

このことを踏まえ、今回は家族信託コーディネーター🄬である岡田 文徳氏に、相続対策の具体的な流れを見ながら、家族信託制度におけるメリットとデメリットについてお話しいただく予定です。

岡田 文徳氏プロフィール

大家のための資産承継コーディネーター/株式会社ディメーテル 代表取締役社長/サブリースオーナー会 副会長/宅地建物取引士/家族信託コーディネーター®/J-REC公認 不動産コンサルタント/J-REC公認 相続コンサルタント/

J-REC全国事例研究会、東京大家塾、千葉大家倶楽部などで講演多数。また「家族信託実務ガイド」や「家主と地主」においてのインタビュー、さらにABC朝日放送に出演。NPO法人日本住宅性能検査協会にてコラム連載中

サブリースオーナー会の振り返り

2017年11月および12月、当センターの方からサブリースオーナー様たちにお声がけさせていただき、会を開催しました。そこで当センターが強く感じたのは、次の2つです。

  • サブリースオーナーは孤独=情報弱者
  • サブリースオーナー同志の情報共有の重要性

会の中ではオーナー様同士がアドバイスされ、漠然とした不安が解消されたことに安堵されたオーナー様の様子が見受けられました。

顧問弁護士からも同様なお話しをいただきましたが、それらを踏まえ、サブリースオーナー会で参加者からいただいた話をまとめさせていただく予定です。

サブリーストラブル1事例の紹介

杉並に住むAさんは、あるハウスメーカーから次のような提案を受けました。

  • 古くなった自宅を改築するよりは、新たに2棟のアパートに建て替え、サブリースで運用した方が有効活用できる
  • 家賃は35年固定、毎月利益が出る

ただ、Aさんは当センターが掲載された読売新聞の記事を読み、不安になって当センターに相談へこられました。さて、結果は・・・

月例会開催日時および会場

日 時 2017年12月22日(金) 19:00〜20:30(終了後、懇親会付き)
会 場 当センターミーティングルーム
住 所 東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 日本橋吉泉第2ビル5F
参加費用 1,000円(税抜、当日お支払いください)
※懇親会では、ドリンクと簡単なおつまみをご用意しております。皆様、親睦を深めるだけでなく、情報交換の場としてご活用いただければ幸いです。
追伸
本月例会で得た知識が、これから先、何年も続くサブリース運用にて、活用できる場面が出てくることにきっと驚かれることと思います。
月例会へのご参加をお待ちしております。