退去時に約4割がトラブル経験 ― 引越し経験者を対象に実態調査<ハウスメイト> ―

賃貸住宅で1人暮らしの経験がある男女を対象に、株式会社ハウスメイトパートナーズ社がアンケート結果を発表しました。(参考:株式会社ハウスメイトパートナーズのプレスリリース

同社によりますと4割以上がトラブルを経験していることが判りました。

退去時、4割以上がトラブルを経験

4月12日~13日の2日間、20代~40代の引越しの経験のある男女から「引越し時のトラブル経験」に関する実態調査を実施しました。インターネットを通じて1000名からの回答を得ました。

その結果、42.6%の者が退去時に失敗やトラブルになりかけたことが明らかになりました。

トラブルの内容

主なトラブルの内容は2つです。

  • 敷金が戻ってこなかった(31%)
  • 室内の傷や汚れの修繕費を請求された(26.8%)

アンケート結果から、原状回復費用負担が生じた者の中でも、3割近くが敷金ではカバーできないほどの負担経験があることがわかります。

一方で、退去時にトラブルを経験していない人は、入居や退去の連絡・相談を早めにすることや、入居や退去時に写真を撮ることで、未然に問題発生を防ぐ策を取っていることが分かりました。

普段から基本的なことを行えば、トラブルは回避できると言えます。