申し込みを行い、手付金を支払った後の解約について

申込書を提出し、手付金も支払っていたのに、後日、仲介業者から「家主の都合で入居できなくなったので、手付金の倍返しを行って解約したい」という連絡が入りました。
現在、住んでいる物件の退去通知も行ったため、いまさら契約できないといわれても困るのですが、何とかならないでしょうか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

手付金を支払っていたということは、家主が契約の承諾していたという前提がありますので、契約が成立していたということです。

しかしながら、家主がカギを渡すとか、借主が契約金の全額を支払っていた(契約の履行に着手していた)ということがなければ、解約手付けとして、家主は、預かった手付金を返し、さらに同額を借主に支払う(手付金の倍返し)ことで、契約を解除することができるのです。

逆に言えば、家主が手付金の倍返しを行えば、それ以上の責任を逃れることができますので、借主としては、残念ながら他の物件を探すしかないということになります。