原状回復期間中の家賃の支払いについて

契約が終了し、家主立会いの上、原状回復のための修繕負担について同意しました。
でも、家主から「修繕を行う期間については、他の人に貸し出せないので、家賃の支払いが必要」と言われてしまいました。家主の言うように家賃を支払う必要があるのでしょうか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

家賃の支払いが必要なのは、契約期間中に限られています。契約が終了すれば、当然のことながら、家賃の支払いは不要です。

「修繕を行う期間については、他の人に貸し出せない」のは確かに事実でしょうが、法律上の考え方として、 家主としても、内装の修繕を行わなければならないという負担割合がありますので、 借主だけが100%修繕義務を負うということはあり得ません。

従って、家主としても、修繕する義務を負っているわけですから、修繕期間中は、第三者に貸し出しできないというのは、前の借主の責任とはいえないのです。

つまり、家主の主張には合理性がありませんので、「家賃を支払え」という家主の主張は認められませんし、敷金からその分を差し引くことも許されないのです。