法定更新をした場合、更新料は支払うべき?

知り合いから「法定更新すれば更新料を支払う必要はない」と聞きいたので、その言葉に従い、更新料を支払いませんでした。
ところが、家主からは「契約書にあるとおり更新料を支払わなければ退去せよ」と言われてしまいました。
どちらが正しいのでしょうか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

「法定更新」というのは、家主と借主との間で、「合意更新」が不可能な場合に、借主がそのまま引き続き物件に住み続けた場合、借主が一方的に追い出されたりしないように、居住権の存続を認めた状態をさしています。

契約書に記載があり、借主はそれを承知で契約していたわけですから、原則として、借主は更新料を支払うべきです。

しかし、更新料の支払いを拒否したままで住み続けて法定更新に至った場合にも、更新料の支払いが必要かどうかは、判例でも判断が分かれています。

法定更新という考え方自体、借主の居住権を保護するために設けられた考え方ですが、自ら承認した更新料の支払いを拒否するために利用するものではないというべきです。

更新料の支払いを拒否して、法定更新した場合、家主との間にギクシャクした関係になることは確実ですので、その後の生活や退去時にトラブルが発生する確率も増えてくるでしょう。