民法改正による賃貸借契約における影響に関するレポートを発表

2017年4月14日、民法改正案が衆議院を通過しました。

もし現在、国会で成立改正されれば、2019年秋以降の施行になりますが、この民法改正について賃貸借契約にどんな影響が出るのかをまとめましたので、お読みください。

⇒「改正民法では個人根保証契約の限度額を定めなければ無効になる