業者が主張する仲介手数料に応じるべき?

業界に詳しい人から、「仲介手数料は、本来、家賃の半額プラス消費税」だと聞いたのですが、業者は「家賃の1か月分プラス消費税だ」と言って譲りません。
この場合、業者の言うとおりに従わざるを得ないのでしょうか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

宅建業法および建設省告示では、居住用の建物の賃貸借契約の媒介を依頼した場合は、本来、借主の事前の承諾がなければ家賃の半額プラス消費税ですが、不動産業界の慣習では、事前の承諾の有無に関係なく、家賃の1か月分プラス消費税というのが実態です。

そこで、業界の慣習に従うか、それとも法律上の規定どおりの主張をして業者とやりあうかは、ご本人次第ということになります。

法律上は、0.5か月分を上回る分は支払う必要はありませんが、業者から「それでは契約できない」と言われれば、行政に訴えるなどしているうちに、一定の手間と時間をかけることになってしまうことになります。

業者が素直に「半月分でよい」と言えばよいですが、「絶対1か月分は必要」と言ってきたときにどうするのかは、ご本人の考え方次第でしょう。