2022年問題に関するレポートを発表

1974年に生産緑地法が公布、1992年に同法が改正され、「生産緑地制度」が適用されました。それにより、生産緑地の指定から30年経過すると、所有者が農業を続ける意志がない場合、市区町村の農業委員会に土地の買い取りを申し出る事が可能となります。そのタイミングが、今から5年後の2022年です。

その2022年問題に関するレポートを発表しましたので、お読みください。

「2022年問題「生産緑地の一斉解除」でアパート建築ラッシュか!?」