不動産広告「8帖」を実際に測ったら「6帖」だった場合について

不動産広告では「8帖」となっていましたが、実際に測ってみたら、6帖ほどしかなかったので、「インチキではないか?」と言ったところ、「畳のサイズはいろいろあるから、間違いではない」と言われました。
業者の主張は間違っていないのでしょうか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

不動産広告では、本来、専用部分(借りる部分)の壁芯寸法(壁の中心線と反対側の壁の中心線で囲まれた部分の面積)を「平方メートル」で表示することになっています。

しかし、広さがピンとこないこともあり、居室部分を「○帖(相当)」として表示していることが多いのですが、その元の基準となる畳のサイズは、「1帖=1.62~1.65m2」で計算することになっています。

ところが、実際の畳のサイズとしては、以下のようにさまざまな種類があります。

  • もっとも広い京間(関西間)だと191cm×95.5cm(1帖=1.82m2)
  • 中京間(名古屋間)の182cm×91cm(同じく1.66m2)
  • 江戸間(関東間)の176cm×88cm(1.55m2)
  • 団地サイズは主に2種類
    • 170cm×85cm(1.45m2)
    • 160cm×80cm(1.28m2)

つまり、本来の広告基準ではなく、家主や業者によって、まちまちの基準で表示していることがあるのです。

いずれにしても、業者の主張自体は間違っていませんが、広告の表示の仕方としては間違っているのです。