サ高住入居者向けアンケート結果を公表 <サ住協調べ> ―サ高住(介護型)収益モデル(サブリースタイプ)―

約7割「入居に満足」

一般社団法人サービス付き高齢者向け住宅協会は、サービス対き高齢者向け住宅入居者向けアンケート結果を公表しました。〔6月1日〕(参考:調査結果

入居予定期間について「終のすまい」の回答が57%と約半数を占めていました。

有効回答数2391件で、性別では、男性27%、女性60%〔無回答などが13%〕、年齢では80代が53%で最も多く、介護度は,要支援1と2が29%、要介護1~5が39%でした。

入居当時の世帯状況を尋ねる質問では、65%が単身世帯と最も多く、夫婦2人世帯が18%、配偶者のいない子供と同居が4%でした。

大谷昭二(日本不動産総合研究所所長)
(サブリース問題解決センター長)