【Q026】更新時の家賃の値上げ

契約更新時に、家主から「家賃を値上げする」という通告を受けたが、拒否することができるか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

まず、契約書に、家賃の値上げに関する事項が入っているかどうかを確認する必要があります。もし、家賃値上げに関する事項があれば、その内容によっては、ある程度拘束されることもあります。

しかし、本来、家賃は、家主と借主の合意で決定する事項ですし、家主の一方的な通告では認めがたいものです。

家主が、一方的に通告してきたということですが、その値上げ幅・値上げ金額が妥当ではないと思える場合には、借地借家法の第32条に規定する借賃増減請求権にもとづいて、家賃の一方的な値上げに対抗して、裁判で新しい家賃が確定するまでの間、家賃を供託するという手段もあります。

ただし、裁判で家賃が確定するには、不動産鑑定士による家賃の査定が必要となり、かなりの費用がかかってきますので、実際には、家主との話し合いで、ある程度のところで妥協するほうが賢明でしょう。

(了)