【Q021】定期借家契約での途中解約(2)

定期借家契約でワンルームマンションを借りていたが、このたび、病気により、急きょ、長期入院することになったので、家主に契約解除を申し出たが、「定期借家契約なので途中解約はできない。どうしてもというのなら、契約期間終了までの家賃を支払ってから退去してくれ」と言ってきた。
家主の主張は横暴だと思うので、支払いに応じたくはないのだが‥。

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

「病気療養」は、借主が解約する条件として認められています。また、ワンルームマンションということですので、「200平方メートル未満」のはずですので、問題なく解約することができます。

家主に、借地借家法の規定を説明し、了解を得るように説得してください。

家主が納得しない場合でも、費用請求に応じることはありません。
(了)