「契約更新ごとに家賃を5%値上げ」が記載されている契約書について

契約書の内容を見ていたら、「契約更新ごとに家賃を5%値上げする」となっていました。
そういう契約内容は不当だと思うのですが、削除を求めるべきでしょうか?それとも、法的に認められないと思うので無視して契約したほうが良いのでしょうか?

  • 本Q&Aは、あえて入居者の立場からの質問形式となっています。
  • アットランダムな質問で、現実に即した知識の吸収を目指しています。
  • 入居者から高評価をもらい、行列の出来るアパートを目標としています。

「契約更新ごとに家賃を5%値上げする」という合理的な根拠はあるのでしょうか?

万が一、そういう根拠があれば、「不当な契約」とは言えません。

しかし、ふつうは、「更新ごとの自動値上げ」を行うような合理的な根拠はないと思います。

そういう場合には、消費者契約法の「消費者の利益を一方的に害する条項は無効である」に該当しますので、契約内容そのものが無効となります。

できれば、最初から削除してもらうほうがよいと思いますが、あまり強い交渉を行うと、契約そのものができなくなる(家主が契約を拒否する)可能性もあります。

入居を優先したいのであれば、あまりに強い要求は避けたほうがよいでしょうが、その代わり、契約更新時には交渉を行う必要があります。

どちらがよいとは一概に言えませんが、最終的には、借主の判断次第となります。