「合法民泊」簡易宿所許可を取得 ― 賃貸集合住宅の1室で開業、1カ月間は稼働率100% ー

サブリース事業を手掛けるアンビエントは、賃貸マンションの一室で簡易宿所の許可を取得したことを明らかにしました。(4月17日)

簡易宿所の許可を取得した物件情報

  • 東京都北区『Living Cube田端』
  • JR山手線「田端」駅前
  • 鉄骨造5階建て全7戸中、許可を得たのは2階の約36㎡ワンルームの1戸
  • 1泊1万4000円~
  • 4人まで宿泊可

通常、賃貸マンションの1戸のみを簡易宿所として申請した場合、廊下などの共有スペースで宿泊者と入居者が鉢合わせてしまうため、区分ごとの許可を取ることは不可能な場合が多いいようですが、本物件はワンフロアに1戸という構造をうまく生かしたビジネスモデルといえます。

簡易宿所フロントについて

北区の旅館業法では、フロントが必須です。

フロントの役割は、宿泊者の緊急事態のときに、救急車よりも早く駆けつけることができる担当者がいなければならないことと捉えています。

そこで、防犯カメラと警備保障会社の駆けつけサービスを利用し、フロント問題を効率的に解消しています。

稼働率はほぼ100%

物件はもともと1DKだったものを、現在のワンルームに改修したのですが、賃貸住宅として入居者を募集したものの、半年以上空室のままだったそうです。

ところが、2017年3月23日から民泊施設として運用を開始ししたところ、約一カ月後の4月25日時点で稼働率はほぼ100%になったそうです。

賃貸集合住宅の1戸で簡易宿所の許可を得た例は初のようです。今後、同規格の民泊物件が広まる可能性があるようです。